雛人形の選び方や人形の特徴について知りましょう

人形

ひな祭りの由来

昔から3月3日になると、雛人形を飾り、みんなで桃の節句をお祝いするのが当たり前のようになっています。では、なぜ雛人形を飾るのかなどの、由来を知っている方は少ないでしょう。ここからひな祭りについて詳しく掘り下げていきます。

厄除け

元々は平安時代に女の子の厄除けや健康祈願を目的にお金持ちの家庭でのみ行われていた風習ですが、それが一般市民にも広がり、今現在のようなスタイルになっています。この時に飾っている雛人形の、お雛様は女の子に降りかかる厄を代わりに引き取ってくれるという重要な役割を持っています。なので、お雛様を初めとする雛人形はとても大事です。

雛人形の選び方

雛人形を選ぶ時、実はポイントなどは特にありません。なので、どのような雛人形を選んだとしても間違いではありません。ですが、雛人形と一口に言っても、さまざまな種類の人形があり、どのような判断基準をもって選べばいいか分からないという方も多いと思います。

家庭に合わせて選ぶ

最近では、家庭の環境に合わせて選ぶことが多くなっています。マンションなどの限られたスペースしかないけど、ひな祭りを楽しみたい方向けにコンパクトな雛人形も販売されているので、そういったものを購入するといいでしょう。広い部屋で盛大に飾りたいという方は、衣装着人形をおすすめすることができます。

木目込み人形と衣装人形の特徴を比べてみよう

木目込み人形

描き目と呼ばれる手法を用いるので、とても表情豊かでふくよかな輪郭に仕上がります。目はひとつひとつ手描きしているので、とても表情豊かになるでしょう。木製の胴体に衣装を着せているので、触り心地が硬いという特徴があります。その分衣装の型崩れがなく、長く使用していくことができます。

衣装着人形

目は手描きでなく、ガラス玉が使用されているので、綺麗な印象を受けます。また、顔立ちは鼻筋が通っており、切れ長の目になっているので、上品さを感じさせます。職人がひとつひとつの人形に衣装を着せており、触り心地がとても柔らかいです。サイズは比較的大きめになっているので、場所を取ります。

雛人形は嫁入り道具?

昔は雛人形も嫁入り道具の一つとして考えられており、娘が結婚する時に持たされていました。その時の考えが残っており、今でもお嫁さん側の親が贈るということが多いと言われています。ですが、自分達で購入していく方々もたくさんいます。特に親からもらうものとは決まってはいません。

お子さんの健康と厄除けを願って

お子さんが健康に育っていくために雛人形を購入してみてはいかがでしょうか?初節句を迎える際にはぜひ用意してあげましょう。