マタニティパジャマの便利な機能や必要性について解説

妊娠時に必要なもの

妊娠後期に入ってくると、お腹の大きさが目立つようになり、これまで着ていた服などが入らなくなってきます。生まれてくる赤ちゃんのグッズを揃えていくのも大事ですが、その前に自分が着るマタニティパジャマも購入しましょう。普通のパジャマよりも使い勝手がいいので、先輩ママ達も口を揃えてマタニティパジャマは便利だと言います。

マタニティパジャマの便利な機能

前開き・全開タイプ

前開きができないタイプのパジャマもありますが、マタニティパジャマのほとんどがボタン式になっており脱ぐ時も着る時も体に負担が掛からないようになっています。横になっている状態であっても、着替えることが可能になります。一部分だけでなく、全開するタイプだと更に脱ぎやすいのでおすすめできます。

丈が長い

回診や診察の時には、パンツがなくトップのみになるということがありますが、そういった場合でも丈が長めになっているので安心して受けることができます。マタニティパジャマは他のパジャマと違い、ロング丈のものが多いです。ネグリジェと一体になっているタイプもあります。

ウエストが調節できる

ウエストの太さが変わっていく妊婦さんにとってはとても嬉しい機能になります。パンツにゴムがついており、長さが調節できるようになっているので、あまりお腹が膨らんでいない時期から、出産間近までの長い期間利用することができます。お腹周りの変化に対応してくれるので、ちょうどいいサイズ感で利用していくことができ、着心地抜群です。

授乳口がついている

マタニティパジャマで一番便利な点と言っても過言ではないのが、この授乳口になります。パジャマを着たままで授乳することができます。なので、授乳するたびにパジャマを脱ぐ必要がなくなります。ですが、授乳口付きのマタニティパジャマを選ぶ時に注意することがあります。それは、胸と授乳口の位置が合っているか確認する必要があります。もし位置が違っていた場合は、授乳しにくくなってしまいます。試着などで軽く確認してみるといいでしょう。

マタニティパジャマの便利な機能や必要性について解説

妊婦

マタニティパジャマは必要なの?

マタニティパジャマが必要なのかということですが、あると役に立つというだけで、必ずしも必要というわけではありません。また、病院によってはマタニティパジャマと同じような機能を持った服を用意してくれるところもあるので、病院によっては購入しなくてもいいという場合もあります。入院する予定の産婦人科に前もって確認しておくといいでしょう。

おしゃれなデザインのものが増えている

年々マタニティパジャマを含めたマタニティウェアのデザイン性が高くなってきています。一昔前はあまり可愛いデザインはありませんでした。それを理由に購入を見送った方もいるでしょう。また、デザイン性だけでなく、コストパフォーマンスもよくなってきています。西松屋などで安く購入することができます。

入院時は複数枚必要

マタニティパジャマを入院中に使用する場合は、洗い替え用に複数枚購入しておくといいでしょう。ブランドものではない限りそこまで高くないので、3枚ほど購入しても1万円前後で抑えられるでしょう。

便利なマタニティパジャマ

精神的にも肉体的にも負担が大きいマタニティのことを考えて作られた商品なので、嬉しい機能がたくさんついています。病院側が服を用意してくれない場合は、購入しましょう。